横浜たまプラーザ駅で婦人科、美容治療ホワイトレディースクリニック

予防接種

インフルエンザワクチン

ワクチンにはA型ワクチンと、B型ワクチンの両方が含まれています。

料金表

子宮頸がん(サーバリックス、ガーダシル) ¥15,000
肺炎球菌(大人用) ¥7,600
肺炎球菌(こども用) ¥10,000
ヒブワクチン ¥8,000
おたふく ¥5,000
水痘 ¥7,000
A型肝炎 ¥7,000
B型肝炎 ¥5,000
BCG ¥5,000
二種混合 ¥3,600
三種混合 ¥3,600
四種混合 ¥10,000
MR(麻疹・風疹) ¥9,000
日本脳炎 ¥5,600
不活化ポリオ ¥9,000
ロタウィルス(ロタテック)3回接種 ¥9,500
ロタウィルス(ロタリックス)2回接種 ¥14,000

注1.は公費負担の対象となっている予防接種です。公費負担対象年齢にご注意下さい。

注2.各種ワクチンは同時に接種することが出来ます。接種スケジュールにつきましてはご相談ください。

注3.上記金額には別途、消費税がかかります。

注4.来院時にはTELにて在庫の確認をお願いします。

子宮頸がんについて

子宮頸がんとは?

子宮頸がんとは?

子宮頚部(子宮の入り口付近)にできるがんです。
子宮がんには2種類あり、子宮の奥(子宮体部)に発生する「子宮体がん」もあります。
※子宮体がんは、別名「子宮内膜がん」ともよばれます。

HPVというウイルスの感染が原因です。

HPVというウイルスの感染が原因です。

HPV(ヒトパピローマウイルス)は皮膚や粘膜に存在する、ごくありふれたウイルスです。
100種類以上ありますが、子宮頸がんの原因となるのは15種類ほどで、「発がん性HPV」と呼ばれます。
発がん性HPVは主に、性交渉によって感染します。

女性の80%は一生に一度は発がん性HPVに感染します。

性交経験がある女性の約80%が一生に一度は発がん性HPVに感染するといわれています。

発がん性HPVに感染しても子宮頸がんになるのはごく一部です。

発がん性HPVに感染しても、90%以上は体内から自然に排除されるため、一過性です。
排除されなかった一部のウイルスの感染が長時間続くと、子宮頚部の細胞が異常な形態を示すようになり、がん化するといわれています。しかし、HPVは一度排除されても、何度でも感染するため、定期的に検診を受けるなどして早期発見に努めることが大切です。

発がん性HPVに感染しても子宮頸がんになるのはごく一部です。

子宮頸がんを予防できるワクチンがあります

HPVというウイルスの感染が原因です。

発がん性HPVの中でもHPV16型、18型の2種類は、その他の発がん性HPVに比べて、特に子宮頸がんになりやすく、20~30代の子宮頸がん患者さんから高い頻度で見つかっています子宮頸がん予防ワクチンを接種することでこのHPV16型、18型の感染をほぼ100%防ぐことができます。
このワクチンは、海外ではすでに100か国以上で接種されています。

子宮頸がん予防ワクチンは半年間に3回接種します

初回接種、初回接種から1ヶ月~2ヶ月後、初回接種から6か月後の合計3回の接種が必要です。
3回接種することで十分な効き目が得られるため、きちんと最後まで接種することが重要です。

子宮頸がん予防ワクチンは半年間に3回接種します

子宮頸がん予防ワクチンの種類

子宮頸がんの予防ワクチンには、2価と4価の2種類があります。
両者の違いは2価のワクチンが、16型18型の2つのウィルスに対して有効なのに対して、4価ワクチンは16型18型の他に6型11型(子宮頸がんの原因にはなりません)にも有効なワクチンです。
ただそれだけではなく、免疫増強剤などにも違いがあります。
当院では両者を選択して接種する事が出来ます。
詳しいことは摂取時にご説明いたしますので、そこで選択してください。